グルコサミン効かないの裏側を暴露!

インターネットの検索窓に「グルコサミン 科学的根拠」などのキーワードで検索をかけると否定的な情報がそこそこ出てきます。

ぶっちゃけ結論から話すと、グルコサミンを肯定している人も批判する人にもどちらの側にも意図があります。

まずグルコサミンやコンドロイチンに関して効果が期待できるという肯定的な情報を掲載している人は
サプリメント会社やサプリメント販売の代理店の方であるケースがほとんどです。

要するに「サプリメントを売りたいから」という理由のためにグルコサミンやコンドロイチンの可能性を評価しているということです。

もちろん、青森県の弘前大学で研究開発している鮭の鼻頭から抽出したプロテオグリカンや
ニワトリの卵から卵黄ペプチドという最小単位のタンパク質を研究している研究施設もあります。

軟骨成分の発育に有用なデータを取得して、関節軟骨に特化した独自の成分開発に成功したい

このような強い信念をもってサプリメントを作っている企業もごく一部ですが存在しています。

ただしほとんどの場合は超高齢化社会のビッグウエーブに乗っかるために関節に特化した製品が販売されているというのが事実です。

作れば売れるからです。

作れば売れるので、グルコサミンやコンドロイチンの市場でパイオニア的な存在になった企業は大儲けすることに成功しています。

で、そういった爆発的な儲けにたいして歯止めをかけようと必死になっているのが消費者庁であったりするわけです。

あまりに棘の刺さるような鋭い意見をネット上に晒すことは控えておきますが、サプリメント会社が潤いすぎると損する企業がでてきます。

それは、病院であったり製薬会社であったりするわけですが、製薬会社からすればグルコサミンやコンドロイチンに頼るユーザーが増えるのは痛手です。

いままでは膝や腰が痛くなったら、近所のクリニックや整形外科が行き先になっていたのに、それがグルコサミンやコンドロイチンになるわけですから。

製薬会社や病院からしたら、「グルコサミンやコンドロイチンなんて飲んでも一緒、そんなのなんの効果もないよ、金の無駄」って言いたくなりますよね。

今では製薬会社も開き直って、とある某製薬会社もしきりにグルコサミンやコンドロイチン関連のサプリメントを販売するようになってきています。

なので今後はサプリメント会社と製薬会社が業務提携をしてサプリメントを販売するといったケースも出てくるようになるかもしれませんね。

サプリメントに関していえば日本とアメリカを比較するとまだまだ日本は進歩が遅れているのは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です