グルコサミンに騙されるな!飲んでも効かないぞ!を鵜呑みにする前に

グルコサミンを試したいと思って、情報を仕入れようとすると、大半の人が壁にぶつかります。

その壁の正体とは疑いの心です。

例えばスマホを持ってる人はGoogleの検索エンジンに「グルコサミン効果」とか「グルコサミンおすすめ」とか、そういったキーワードを入力しますよね。

そしたら検索した上のほうにグルコサミンに騙されるなとか、グルコサミンなんて吸収されないから意味ないとか、そういった批判的な情報が出てきて気になってクリックします。

そこに書かれてある情報を鵜呑みにして、グルコサミンなんて摂取しても意味ないんだ、だったら飲まなくても良いやって思うかもしれません。

調べる前はグルコサミンを摂取して少しでも関節の曲げ伸ばしをスムーズにして健康的な生活を送ろう

そんなふうに前向きな気持ちになれていたのに調べたあとは猜疑心で満ち溢れるってなんだか悲しいですよね。

グルコサミンに批判的な人は理屈野郎が多い?!

グルコサミンにたいして批判的な見方をしている人の共通した特徴として挙げられるのが理屈っぽさです。

あとは実際にグルコサミンを摂取して効果を実感できなかった人もグルコサミンに関して否定的な記事を書いていますね。

私が信憑性のある情報を仕入れる上で大切にしているのはブログ作成者の方が自分の身分をしっかりと情報開示しているかどうかです。

顔写真や名前などが公表されていない人がグルコサミンに関しての否定的な記事を書いていても、説得力がありませんよね。

逆に自分の立場を示して、グルコサミンにたいして懐疑的な情報を書いている方であれば、そういった方の情報は参考にするようにしています。

現状、いまの私の考えとしてはコンドロイチンに関しては軟骨細胞に取り込まれることは分子の大きさから考えて無理があると感じています。

この点に関しての詳細は当ブログのトップページに記載していますので、そちらをご確認いただければ幸いです。

グルコサミン効果なしが本当かどうかを証明する方法

グルコサミンの効果がないのが本当かを証明するには、実際に試してみる必要があります。

試したこともない状態で、グルコサミンは効果がなさそうだからとスルーするのは勿体無い気がするんですよね。

やらない後悔よりも、やって後悔したほうが納得できると思うので、まずは自分自身でグルコサミンを試してみることが大切です。

試しにそれで関節の動きが軽やかになったり、関節の違和感が緩和されれば、グルコサミンを試してみて良かったとなるはずですから。

グルコサミンを摂取してはいけない人

少し余談になるのですが、私は食物アレルギーを持っていまして、蕎麦とナッツのアレルギーがあります。

蕎麦とナッツを口にしてしまうとアナフィラキシーショックが起きて救急搬送されるくらいに危険な状態になるんですね。

過去にそれで何度か気道が塞がって呼吸ができなくなったり、体全身に蕁麻疹がでてきてパンパンに腫れ上がったりしました。

さすがにアレルギーを持っていては、蕎麦とナッツがどれだけ体に良くても、摂取してしまえば身の危険に晒されるわけですから、避けるのは当然のことです。

グルコサミンを抽出している原材料にはカニやエビなどが使われています。

なので、甲殻類にたいしてアレルギーを持っている人は絶対にグルコサミンを摂取してはいけません。

最近ではグルコサミンの原材料のカニやエビにたいしてアレルギーを持っている人に向けて、一切甲殻類を使用していないサプリメントが販売されるようになってきました。

氷頭なますといって鮭の鼻頭から抽出したプロテオグリカンという軟骨成分を配合したサプリメントなんですが、気になられた方は是非ご自身でお調べになってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です